プレスリリースはタイトルが生命線、心理学的な5つのアプローチ

Pocket

ちょうど4年前真夏、Q:podを買収して日本市場に参入したGroupon。史上最速で成長するネット企業として大きく報じられ、グルーポンクーロンが雨後の筍が立ち上がり、超盛り上がったのが大分昔のように感じますね。時間の流れが速いのには驚かされます。

ここ最近、史上最速で成長するウェブメディアとして話題のUpworthyは、記事のタイトル案をなんと25通りも考えるそうです。

  • 史上最速で成長するウェブメディア「Upworthy(アップワーシー)」に入るためのテストとは? – メディアの輪郭
  • プレスリリースは昔からタイトルが生命線でした。記者の琴線に触れなければ、メールはクリックされず、FAXはゴミ箱行きです。

    プレスリリースで最も重要なのは「誰」であり、「何を起こしたか」であるのは変わることはありませんが、心理学的なアプローチが有効であるのも事実です。そこで、プレスリリースにも活用できそうな方法を厳選して、5つ紹介します。

    1. 意外性

    『アイデアのちから: 生き残るアイデア、消えるアイデア』 (原題: Made to Stick) の著者チップ・ハース氏とダン・ハース氏は、生き残るアイデアの6原則の1つとして、「意外性」を挙げています。
  • アイデアのちから – Amazon
  • 彼らの調査によれば、意外性のあるもの、すなわち、パターンを壊すと、注意を引くのに役立ちます。 意外性には、「興味を引く」、「興味を持続する」、2つの効果があります。

    私たちの脳は、目新しいものに強く惹かれます。脳の快楽中枢は、予定調和よりも予測不可能な快楽体験に対して、「スイッチが入る」傾向が高くなります。意外性は刺激的ってわけです。私たちは自分が欲しいと思っているものよりも、無意識のうちに予測不可能なものを好むのかもしれません。

  • Study: The Brain Likes Surprises – abc NEWS
  • 2. 好奇心

    カーネギーメロン大学のGeorge Loewenstein教授によると、「人は全く知らないことには興味を持たない。」だとか。好奇心には最初に何らかの知識が必要です。何にも知らないことに好奇心を持つことはありませんが、ほんのわずかでも知ると、好奇心がそそられ、もっと学びたくなることがあります。好奇心は知識と共に増加する、知れば知るほど、さらに知りたくなるのです。

    好奇心をそそる、不完全な情報をタイトルに利用するという方法が考えられます。読み手に好奇心を起こさせるのに十分、かつ、ストーリー全体をつかむのには不十分な内容を伝えます。

    『ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則』 の著者ジョン・ケープルズ氏の代表作コピー「私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。 でも私がピアノを弾き始めると…!(They laughed when I sat down at the piano but I started to play!)」は、好奇心に火をつける名コピーとして有名ですね。

    出典:The Malcolm Auld Blog

    ひとりで立ち上げ半年で3000万PVを達成したViralNovaのScott Delong氏は、この名コピーを額に入れてオフィスに飾っているそうです。

  • Curiosity, Information Gaps, and the Utility of Knowledge – Carnegie Mellon University
  • This Ad From 1926 Is The Driving Force Behind Much Of The Internet’s Viral Content – Business Insider
  • 立ち上げ半年で3000万PVのメディア「ViralNova」は1人体制らしい – メディアの輪郭
  • 3. 否定

    タイトルに、「最高」「最大」「No.1」などの最上級の単語を使うのは効果的でしょうか?実は、最上級の否定 (「最悪」など) が最も効果を高める可能性があります。ネイティブアドのOutbrainは、6万5,000件のタイトル調査で、肯定の最上級あり、否定の最上級あり、最上級なし、のタイトルを比較しました。その結果、否定の最上級(肯定の最上級比163%)>最上級なし(肯定の最上級129%)>肯定の最上級の順でクリックスルー率が高くなりました。

    出典:Brainiac

    なんと、肯定の最上級は最上級なしより、クリックされなかったのです。考えられる理由はいくつかありますが、肯定の最上級は使われ過ぎ、ありふれたものになってしまったと考えられます。一方で、否定の最上級は、予想外で意外性があるので、人の関心を引き付けたのではと想像しています。

    ちょっと脱線しますが、Startup Moonが実施した、テックブログ100選の調査で、「殺す」「恐怖」「戦争」などの攻撃的で暴力的な響き言葉を利用したタイトルが、ソーシャルメディアでの共有を促すことがわかっています。

  • The Dark Science Of Naming Your Post : Based On Studying 100 Blogs – startup moon
  • 4. 具体性

    『アイデアのちから: 生き残るアイデア、消えるアイデア』 (原題: Made to Stick) の著者チップ・ハース氏とダン・ハース氏は、生き残るアイデアのもう1つの原則として、「具体性」を挙げています。
  • アイデアのちから – Amazon
  • 一般的なメッセージより、具体的な事実を使うべきです。「軽量化して燃費が向上」なら「○kg軽量化して燃費が△%向上」と説明しましょう。また、正当性を示す客観的な調査を引用するのもいいでしょう。

    5. 数字

    数字はタイトルに効果的です。数字は先の具体性のひとつというだけにとどまりません。

    Conductorの調査によると、他のどんな方法より、数字を含んだタイトルを好む読者が多く、

    出典:The Moz Blog

    その傾向は男性より女性の方が高いとそうです。

    出典:The Moz Blog

    Pocket

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>