カナダ政府も日本政府も国民を意識した新しいプレスリリースを試行錯誤中

Pocket

カナダ政府は伝統的なプレスリリース形式を昨年でやめて、今年から重要なメッセージをより明確にし、事実をパッと見で把握できるテンプレートを試しています。

記者だけでなく国民に向けて

カナダ政府は、これまで世界中に普及する多くのプレスリリースと同じように、正確に伝えるために難解な専門用語を使い、漏れなく伝えるために長文となり、結果として読み手に知識や忍耐力を求めていました。

今では、プレスリリースの本文をリード文、概要、引用など大きく区切り、短く歯切れのよい文章を意識しています。もっと詳しく知りたい読者への詳細な資料や関連リンクの導線もわかりやすいです。想定読者が記者だけでなく国民に広がったのは明らかです。

サンプルとして、今年1月1日のプレスリリースを紹介します。

タイトル:1月1日、北米自由貿易協定は20周年を迎える

 

本日、国際貿易大臣であるエド・ファスト議員は、北米自由貿易協定 (NAFTA) の発効20周年を記念しました。
NAFTAはブライアン・マルルーニー首相、メキシコのカルロス・サリナス大統領ならびに米国のジョージ・H・W・ブッシュ大統領の署名によって1994年1月1日に成立し、世界最大の自由貿易地域が誕生しました。
それ以降、北米の経済活動は倍以上の拡大を示し、カナダの生産性の14パーセントの上昇とともにNAFTAの3カ国に経済成長をもたらし、その国民生活の質を向上させています。NAFTAはカナダの将来的繁栄に対する確かな基盤を提供してきました。 

概要

・NAFTAが発効した1994年以降、カナダの年間GDP (国内総生産) は1兆2,000億ドル上昇し、470万人の雇用が創出されました。また、米国・メキシコとの財の三国間貿易は3倍以上となっています。
・1993年の北米地域における三国間貿易は2,890億米ドルでした。2012年の三国間の貿易取引総額はほぼ1兆1000億米ドルに達し、約4倍の上昇となっています。
・カナダとの貿易に依存する米国の雇用は800万人以上、米国との貿易に依存するカナダの雇用は200万人以上 (7人に1人) となっています。
・カナダは米国の38州の最大の輸出先となっています。
・毎日越境する財とサービスはおよそ18億ドル、毎分では120万ドルです。
・カナダは米国に対する石油、核燃料、電力および天然ガスの最大供給国です。

引用

「この成功を基盤にして、わが国の政府はカナダ史上最大規模となる貿易拡大計画を進めています。これには欧州連合との包括的な次世代貿易協定も含まれます。この協定は、NAFTAより一層広範で規模の大きなものとなり、カナダ全域を網羅する主要な経済部門に利益をもたらすものです」
エド・ファスト、 国際貿易大臣

伝わる広まるために、人気漫画家に協力依頼

日本政府は、カナダ政府より“読み手が国民であるということ”を意識しています。例えば、脱法ドラッグの注意喚起では、 プレスリリースの冒頭で、
近年、ハーブやアロマオイル、バスソルト、ビデオクリーナーなどと称して、麻薬・覚醒剤以上に有害となり得る薬物が、店舗やインターネットなどを通じて販売されており、それらを入手・使用して自ら健康被害を受ける、また交通事故など二次犯罪を引き起こすといった事件が起きています。
と伝えたいことを、誰でもわかりやすく簡潔に述べています。

伝えたいことを発信するだけでなく、伝わりやすくまた広まるために、「カイジ」シリーズで知られる福本伸行氏が描き下したオリジナル短編マンガを作成、公開したのです。

結果として、一次メディアだけでなく、まとめサイトからソーシャルネットワークまで広まりました。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>