インスタグラムの海外ブランド活用事例 9選、文房具メーカーSharpieはおススメです

Pocket

Facebookが10億ドルで買収すると4月に話題になったInstagram(インスタグラム)。Androidでも解禁になって、いよいよ企業のプロモーションのツールとしても、本格的な普及期へ突入しそうな気配があります。Business Insiderで6月3日に掲載された記事「These Brands Are Doing Amazing Things With Instagram」は、インスタグラムで何をしたらいいか悩んでいる企業担当者は一読の価値がありそうです。

最後に紹介する文房具メーカーのシャーピーの事例が超おススメです!

1. ウォービーパーカー

オシャレなメガネメーカーのウォービーパーカーは、ニューヨーク市で「インスタウォーク」を主催しました。ファンを招待し、同社の本社があるソーホー地区から食肉加工地域のガンズヴォートまでウォーキングし、その過程をインスタグラムへ記録するというものです。実際に投稿された写真の一部がコチラです。

2. レッドブル

エナジードリンクメーカーのレッドブルも、楽しげにインスタグラムを使います。レッドブルは、「今日一番」の写真を投稿するだけでなく、ユーザーが投稿した写真を称えるなどして、エネルギッシュなファンと交流します。広報担当者がMashableに「レッドブルは自分たちのコンテンツを、フォロワーに単に押し付けているだけではありません。レッドブルは、ユーザーの“翼を手に入れるためのアイデアを表している”写真を、頻繁に『いいね!』しています。」と語っています。

3. プレイボーイ

成人向け雑誌の米プレイボーイ。人前で大っぴらに雑誌を読むのは躊躇しますが、インスタグラムでは着衣モデルの画像を目玉とし、ノスタルジックで美しい写真なので、電車でチラ見されても大丈夫です。

4. プーマ

プーマは 影響力のあるインスタグラムユーザーを最高のイベントに連れていき、写真を撮影してもらいました。具体的には、幸運な数人のパワーユーザー(フォロワー数10万人以上のユーザー)に全費用込みのアブダビ旅行をプレゼントし、プーマも参戦した世界で最も過酷なヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」を撮影させました。

5. バーバリー

155年の歴史を持つこのファッション企業は、ソーシャルメディアにとても理解を示してきました。バーバリーは早い時期にインスタグラムに取り組み、35万人以上のフォローを築きました。単に服や広告をユニークなフィルターをかけて陳列しているだけではありません。

例えば、写真家のMike Kus氏にファッションショーをリアルタイムで撮影させ、その写真をインスタグラムに投稿したのです。これによりファンは他のどこよりも早く、ショーの写真を見ることができたのです。

6. ボストン・セルティックス

NBAのボストン・セルティックスはツイッターで、ボストンの歴史から、プレーヤー個人のアカウントや舞台裏の瞬間まで紹介しています。インスタグラムでも、試合前のチームの様子 、インタビュー、ロッカールームの場面、そして最高のプレイの写真をファンが見られるようにしています。

7. ティファニー

このジュエリー企業は、ファッションブロガ「The Sartorialist」を運営するカップルScott Schuman氏とGarance Dore氏に依頼し、ニューヨークおよびパリでのラブストーリーのスナップショットを、インスタグラムにコメント付きで投稿しました。

さらに、インスタグラムと連動したアプリ「What Makes Love True」を公開し、自分たちのラブストーリーの写真を投稿するように促し、Schuman氏とDore氏の写真と合わせて、フォトギャラリーサイト「True Love In Pictures」で紹介しました。

8. NHホテル

NHホテルのフォロワーの数は多くはないかもしれませんが、2012年の始めに、NHホテルはインスタグラムキャンペーンを行いました。優勝賞品は、豪華な宿泊パッケージ。

「何かが始まる、その瞬間を捉える」写真をインスタグラムへ投稿するというものです。NHホテルのスローガンは「Wake up to a better world (より良い世界に目覚めろ)」にひっかけ、ハッシュタグ#WakeUpPics にしました。

9. シャーピー

文房具メーカー、シャーピーは派手なブランドではありません。一般的には、比較的退屈なブランドのイメージが定着していますが、インスタグラムに投稿された写真には目の見張るものがあります。

油性マジック1本が、生活者の情熱とインスピレーションによって、単純におもしろい絵から息を飲むような傑作まで作り出すか伝えています。本当にクールな、フォローすべきアカウントです。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>