学校の通知表に広告、教育予算削減を広告費でカバー

Pocket

コロラド州ジェファーソン群の公立学校で通知表に注目が集まっています。ジェファーソン群教育委員会は、教育予算削減の減収をカバーするため、通知表を広告媒体として使っちゃいました。リーチできる人数は限られるものの、両親は必ず見るだけに手堅い媒体です。

日本だったらどうだろう。通知表にマクドナルドの広告があったら、学校の電話がクレームで鳴りやまないかも。もっと怒られそうだけど、成績の悪い子に学習塾の割引クーポンなんて有効ですね。

この通知表広告で見込める収入は3年間で約693万円(9万ドル)と、残念ながら焼け石に水ですが、アメリカではアリゾナ州やテキサス州などで、スクールバスが広告スペースとして活用されており、アメリカでは今後も学校のデッドスペースの広告媒体化は進展しそうです。

CBSでこのニュースを報じた番組はコチラ。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>