PRとは?プロフェッショナルが定義するPR その①

Pocket

経験豊富なPRのプロフェッショナルが考えるPRの定義を紹介します。なんと31例もあるので、何回かにわけて紹介します。

public relations

public relations

ちなみに、Wikipediaではパブリック・リレーションズ(PR)をこのような出だしで紹介しています。

従来、日本語の「広報」はpublic informationと訳されるように断続的、随時的な「公的な情報」に限定された概念であったが、今日では広報という用語もパブリック・リレーションズとほぼ同義で用いられることが多くなった。 例えば、企業の場合、Public Relationsは、一般大衆、消費者、従業員やその関係者、販売業者、仕入先の関係業者、株主、債権者、銀行などの金融関係、政府諸機関、教育機関、その他あらゆるステークホルダーがその活動の対象となりうる。

cパブリック・リレーションズ – Wikipedia

1.Public Relations Society of America (アメリカPR協会)

PRは、組織とその公衆が相互に適応することを支援する。そして、組織は企業に限らず、その公衆は様々な形態の利害関係者を広く対象とする。

2. Marla Aaron– MRM Worldwide

PR は、ある組織のメッセージを、適切なタイミングで、適切な場所において、適切な受け手に対してコニュニケーションすることである。ツールとテクノロジーを広く使用することで、これらのメッセージが価値を生み出しているか、またビジネスのミッションと呼応しているか測ることができる。

3. Renee Blodgett – Magic Sauce Media

PRとは、人間関係と、深遠なレベルでの人間関係を築き上げる方法を取得することである。初期のPRは、報道関係者だけではなく、様々なコミュニティの関係構築が重要視された。ただし、当時は聴衆がオンラインにいないという違いがあった。情熱と目的を持つことで、次世代のPRは、ソーシャルメディア、ブランディング、マーケティングを次のレベルまでもたらすだけではなく、人々や商品が世界を変えるレベルにまで高めるであろう。

4.Toby Bloomberg –Bloomberg Marketing/Diva Marketing

従来、PRは、影響力や信頼性のあるメディアや有名人を利用して、PR会社のクライアントについて語ることに焦点が当てられていた。しかし、新しいメディアの登場によって、ソーシャルメディアでの会話が本流のメディアの記事よりもGoogleの検索結果で上位に表示されており、より多くの人々の意見へ影響を与えるようになった。PRは依然として、第三者の推薦を伝えることのできる人々と関係を築こうとすることである。その人物がまさにあなたを驚かせるかもしれない、なぜならそれはあなたかもしれないから!

5.Blue Focus Marketing

PRは、好ましい記事を獲得し、良好な企業イメージを造り、危機管理問題を適切に処理することで、企業の様々な公衆との良好な関係に築き上げることである。今日では、優れたPR会社には、ソーシャルメディアを活用する専門知識が不可欠である。


参考
31 Public Relations Definitions(Heidi Cohen)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>